FC2ブログ
キャットフード成分レポートです。主に猫缶の塩分を比較してみました(^^)/
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-24 (火) | 編集 |
皆様 お久しぶりです(^^)

ウチの お坊ちゃまですが、元気にすごしております。

水を替えてから、徐々にちっちの調子が 安定して

今回の検査でも結晶が見られずすこぶる調子は、いいです♪

蛋白は、あいかわらず2+ですが(^^;)

たかが水 されど水 ですねっ!

ぼっちゃま のお水は、コレ



器は、コレ



さてさて 今回は、ワクチンの怖いお話を。。。

まず今年に入ってあんな写真を見せられて すっかり

落ち込んでしまったんですが、

前々からワクチンについて疑問に思ってました。。。

腎臓病の原因に混合ワクチンの影響も考えられる

という話も聞きましたから。

「猫パルボワクチンを製造する過程で、猫パルボのウィルスは猫の腎臓細胞内
で増殖をさせます。そして、3種混合ワクチンを接種させられた猫たちの体内には、
腎臓に対する抗体ができます。この抗体が少しずつ猫自身の腎臓を攻撃し続けます。」

この記事を見つけて確信しました。

やはり毎年のワクチンは、よくない!

それから色々と調べた結果海外では、この事実は、研究者の間で

ワクチンの打ちすぎは、腎臓病の元と実験の統計がとれており

日本のように毎年なんか打たないようです。

しかもワクチン会社のホムペの獣医用の注意事項には、

腎臓病や疾患のある猫には、使用しないって

書いてありました。

モチロン症状にもよると思いますが、

一度ワクチンを打つと一生抗体ができると

言っておられる獣医さんもいてます。

徐々に抗体は、切れていくものですから、毎年の接種は、

必要ないといわれる方も。。。

外飼いの猫さんなら接種は、必要かもしれませんが、

室内外の ましてや腎臓疾患のある坊ちゃんに

リスクを、侵してまでワクチンする必要が あるのかと

凄く悩みました。

今回このことを獣医さんに話してみました。

もしかして嫌な顔されるかもって 凄く悩みましたが

「心配なら今回は、やめときますか?」って

はっきりと腎臓病でもワクチン打っても大丈夫と言われなかったので、

「はい!止めときます」

「室内飼いなら 感染の危険は、少ないですが

外猫さんを、触らないように、触ったら手洗いと

消毒を しっかりするように」と言われました

動物病院で使用してる消毒液のサンプル頂いて帰りました。



モチロン病院帰りは、ちゃんと手洗い消毒です!

もしかして、ワクチンで悩んでる方がいたらと思い

今回は、記事にしてみました。

ちなみに生ワクチンは、ちっちやうんぴと一緒に

体外に排出されるので、来年からは、にゃんさまの

ワクチンもしない予定です。



スポンサーサイト
2013-04-04 (木) | 編集 |

ウチのお坊ちゃまの腎臓が 老猫さん並の腎臓と知らされて

お水を、替えて数値が、下がったので、今度は、

腎臓の負担を 減らすために 何かないかと

探してたトコロ、「炭」が毒素を、吸着して体外に排出する

と言うので、試してみることにしました。

炭=食べられる食用の炭がコレ



耳かき1杯を猫缶に混ぜ混ぜ。。。

何の違和感もなく間食されました、

炭の効能としては、ウンさんなどの臭いが少なくなる

お腹の調子が 良くなる 毒素排出なのですが、

にゃんと!朝いちのチッチが、臭くない!!

正直 おぼっちゃまのチッチは、臭い!

例えて言うと しっけた雑巾。。。

あのツーンとした臭いです(><。)

1日でこんなに変わるのかと 不思議ですが

2回目も臭わない。。。にゃんさまと同じ臭いになってる!?

でも最近PHが、高く7~8の間なので、ちょっち心配

もしや臭いがしないと言うコトは、腎臓が仕事してないのでわ?

と心配になり、人間用のウロペーパーで潜血チェック!

出てない、いつものようにPHが高いので蛋白も高め。。。

ってコトは、問題なしってコトなのか?

まだまだ わからないので

暫く使用してから、また報告しますね!





2012-05-04 (金) | 編集 |
こんにちわ、tyomoです、最近 猫缶の放射能について

質問を、受けました、tyomo も初めてこの事を、知り

早速メーカーさんに 問い合わせてみました。。。

いつも 食べている sgjプロダクツさんには、 

安心安全のキャットフードにこだわりのあるショップさんから

問い合わせて 頂いたところ「問題ない」との事でした。

次に、
日清さんに メールで問い合わせたところ

「いつも弊社製品をご愛顧いただきまして誠に有難うございます。
 現在のタイの缶詰製造業は世界を市場としており、高い品質レベルを要求するカナ
 ダやアメリカなどでも多くの製品の販売実績がございます。このため食用の缶詰を
 始めとし、弊社の猫ちゃん用の缶詰に関しても日本国内で問題のある原料がタイに
 輸出され使用さたりすることはございません。
 
現在私どもの国内産の製品については放射性物質を製造単位ごと測定しております
 が、缶詰に付いてはタイでの生産ということから測定は実施しておりません。
 今後、海外の食品におけるまぐろやかつおなどの測定状況を見て行きながら、缶詰
 製品について測定検討をして参りたいと存じますので今後とも何卒宜しくお願い申
 し上げます。」

と言う お答えが、帰ってきました!さすが 日清さんですねっ!

今後に期待してますよ~っ!お願いしますねぇ(^^)

他のメーカーさんにも 問い合わせようかと検討中です。


アルバイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。